女性と医療の関係

医療現場で働く女性といえば、看護師が専売特許とも言える時代もありました。しかし今では違うのです。婦人科系の科目には女性医師が配属されている病院も少なくないのです。ではなぜ今女性医師が必要なのでしょうか?

まず婦人科系の科目では、男性に見られるのが恥ずかしい、という女性も多いるはずです。そこで女性医師を配属して診療に当たってもらえば、同性として安心できますよね。また女性医師は、女性独特の目線から診察をしてくれるというところにも利点があるようです。男性医師では見抜けなかった細かなところを発見できた、そんな例も少なくないのです。だからこそ、現代医療には女性医師が欠かせないのです。

毎日の患者の世話をしてくれる看護師にも女性が多いのは、男性看護師だと抵抗する女性患者にも対応できる点にあると思います。同じ女性なら身の回りの世話も安心して任せることもできますし。特に高齢の方などは女性看護師の細やかな心配りが何よりの治療になるのです。男性ではなかなかできないことですよね。

このように、今の医療界では女性の役割が見直されています。いかに効果的に女性に活躍してもらうか、そこに病院の将来もかかっているのです。女性だからできる治療や細やかな管理、それをもっと増やせばいろいろな診療科目で女性が活躍できるのではないでしょうか?もう看護師だけは女性、という時代は終わったのです。女性医師の活躍こそ、今の医療界の発展の材料といっても過言ではないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です