医療の業界から見えてくるもの

医療の現場に携わっていると、実にいろいろなことが見えてくると思います。例えば、手術のときにあの看護師はすばやく的確に処置をしてくれた、とかあの医師は難しい治療法を患者にわかりやすいように説明していたなどです。他にも見えてくるものはさまざまです。事務スタッフのサポート体制がしっかりしているので安心して治療や看護に当たれるなど、実にそのケースはさまざまです。それをひけらかさないのが医療の業界なのではないでしょうか?さりげなくみんながそれぞれの役目を果たしている、それが医療の現場であり業界なのだと思います。
医療業界は何も病院に限ったことではありません。地域に根ざした薬局や小さな診療所、こうした小規模の施設では、より多くの生の声が聞けるでしょう。特に高齢の方が多いと思いますので、新しい治療になじめないで困っている方もいるかもしれません。それをどうやってわかってもらうか、そういった点が小さな診療所には必要不可欠だと思います。また看護師も然りです。地域の人とのふれあいを通してより自分が成長するのです。こうした機会をもてるのも、診療所のメリットといえましょう。

一方の大きな病院では、どうしても治療や看護が画一的になりがちです。そうすると、患者にもそれが如実に伝わります。だからこそ、一人ひとりが誠実さと真心を持って患者に接していけば良いのではないでしょうか?現場から見えてくるものはまだまだあると思います。そういった現場の声を掬い上げるのも大事なのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です